about us

ゼロから作りあげ
まずは名古屋地区で
一番信頼のある制作会社へ

失敗を恐れず、まずはやってみる。思いを実現すべく全力を注ぐ。take-ZEROは、そんな気概を持った人が集まる会社です。

会社概要

service

私たちは、映像クリエイター集団として
多角的な視点で物事を考え、
様々なサービスを提供しています。

  • テレビ番組の企画・演出・制作
  • 結婚式VTRの企画・演出・制作
  • 企業様向けVPの企画・制作
  • YouTube動画の制作補助

works

take-ZEROがこれまで制作してきた番組実績

現在レギュラーで担当させていただいている番組から、過去に携わらせていただいた数々の特別番組の中から一部をご紹介。

現在のレギュラー担当番組
CBCテレビ「花咲かタイムズ」
CBCテレビ「チャント!」
東海テレビ「スイッチ!」
過去に携わったレギュラー番組
中京テレビ「キャッチ!」
中京テレビ「前略、大とくさん」
東海テレビ「タイチサン!」
テレビ愛知「土曜なもんで!」
BS朝日「ウチ“断捨離”しました!」
過去に携わった主な特別番組実績
CBCテレビ「CBCテレビ60周年記念特番 60サンキュー!」(2016.3)
CBCテレビ「雨上がりと5人のツッコミ芸人旅」(2017.1)
CBCテレビ「楽しいので絶対マネしてください旅」(2017.10)
テレビ愛知「テレビ愛知開局35周年記念番組 やりきる学園」(2018.9)
東海テレビ「東海テレビ開局60周年記念 未来郵便 10年後のあなたへ」(2018.10)
CBCテレビ「サンドウィッチマンの動物園飼育員さんプレゼン合戦  ZOO-1グランプリ」(2020.9)

member

take-ZEROで一緒に働く仲間たち

sho kuroyanagidirector

担当番組

CBCテレビ「花咲かタイムズ」内コーナー「うなずキング」「推しタビ」
東海テレビ「スイッチ!」ほかイレギュラーで特番などを担当しています。

この業界(会社)に入って良かったこと

テレビに限った話ではないと思いますが、ディレクターというのは個性をお金に変えられる数少ない職業だと思います。

自分がおもしろいと思うシーンを、自分がおもしろいと思う編集の仕方で作品として世に出すことができるし、ディレクターとしてひとつの企画を任されている以上は、そうしなくてはいけません。

もちろん最低限、コンプライアンスや放送コードなどの制約はありますが、仕事なのに自分の好き勝手にできてしまい、それを強みにすることができるのがこの業界のいいところだと思っています。

この業界のやりがい&厳しさ

所謂一般企業のように、決まった時間に始業して、決まった時間に休憩をとって、決まった時間に仕事を終えるという日はあまりありません。

早朝に出発して、時間に追われながらロケをすることもありますし、たった1シーンの星空の映像を撮るために長野県の山奥に6日間泊まり込んだこともありました。

それが辛い点でもありますが、毎日決まった時間に決まった場所に行って決められたことをするのは自分には向いていないと思うので、楽しい点でもあると思います。

izumi murasedirector AD

担当番組

「花咲かタイムズ」のAD業務を担当しています。

また、リサーチやロケ、スタジオでのAD業務だけでなくVTRの制作も行っています。

この業界(会社)に入って良かったこと

テレビ業界の経験が無くても、しっかり働ける環境、サポートが整っていること。

この業界に入る前までは、音楽を専門に学んでおり、小学校から大学まで音楽のことしか知識がありませんでした。

そのため、カメラの使い方もVTRの編集の仕方も何も分からない状態でしたが、上司、先輩が親身になって接してくれるなど、自分に合ったペースでしっかりと働くことができます。

この業界のやりがい&厳しさ

「面白い」と感じたことが「面白い」とVTRを見ている人に伝わった時が一番嬉しいです。

とある冷凍餃子について紹介するVTRを担当した際、ただ餃子を紹介するのではなく、何が特徴なのか、その餃子の面白い部分が伝わるよう上司やカメラマンと相談し、演出に工夫しながら編集しました。

その後、視聴者の方から「あの餃子おいしそうだったから今度買ってみようかな」と意見をいただいた時には、何とも言えない感動がありました。

逆に、自分が面白いと感じても、相手に伝わらない時が辛い場面もあります。

企画自体が面白くないとダメ出しを食らうし、何度も修正して自分のVTRと向き合わなくてはなりません。

そうして、みんなで魅力のあるものに仕上げていくのもこの業界の楽しさであると思います。

tomoka ikedaAD

担当番組

CBCテレビ「チャント!」

この業界(会社)に入って良かったこと

4月に入社して今はCBCテレビの情報番組チャント!でADをしています。

普段はロケや放送中のスタジオ業務、その日生まれた赤ちゃんとそのお母様をご紹介する「きょうママになりました」というコーナーの編集などを担当しています。

毎日担当する業務は違っていて、パソコンに向かって調べ物をする日もあれば、ロケで外にでる日もあり、目まぐるしく大変に思うこともありますが、同じことをしているだけでは得られない楽しさもあります。

この業界のやりがい&厳しさ

入社当時は映像制作など全くの未経験で不安だらけでしたが、先輩ADをはじめ周囲の方々の丁寧なご指導もあり、楽しくお仕事させて頂いてます。

自分が関わったVTRがテレビで流れているのを見るとき、自分が作ったものが何万人もの人の目に触れていると考えるといまだに緊張しますが、ご出演された方から感謝の言葉を頂けた時のうれしさや、無事流れたときの達成感はなかなか得難いものです。

今はまだ覚えることが多く、日常業務をこなすことで精一杯ですが、少しずつでも成長できるよう、勉強の日々です。

今後も、様々なことを勉強し、出演された方や見た人の心を動かすVTRを作れるようになりたいと思っています。

recruit

現在take-ZEROでは、私たちと一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
興味のある方はお気軽にご応募ください。

VTR制作の技術から、番組制作の企画・演出までをイチから学べます。テレビ番組の制作に興味のある方、テレビ番組の制作に携わりたい方、是非ご応募ください。

採用情報

contact

take-ZEROに関するお問合せ・ご質問は、こちらのフォームよりお問い合わせください。